News

LovegrapherがJPVAAフォトコンテストにて準グランプリを受賞しました!

2016.09.29 お知らせ

株式会社ラブグラフ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:駒下純兵)に所属するカメラマン、Lovegrapher(ラブグラファー)のクウガ(本名:中西 佑子)が日本写真映像用品工業会のフォトコンテストにて準グランプリを受賞しました。

受賞作品はこちらになります。

受賞者よりコメントをいただいております。
【自己紹介】
本名を中西 佑子と申します。ネット上ではクウガと名乗っております。
一眼レフを持ってからは4年半です。コンデジは小学生のころ150万画素のコンデジで飼い犬や友達の写真を撮っていました。また隣の家のお父様が星を撮る方でPhotoshopを私に貸してくださりました。1998年からWindows98でPhotoshopを利用するような特殊な環境で育ちました。
このフォトコンテストの他にも直近では住友不動産販売のステップフォトコンテスト(http://www.stepon.co.jp/photocon/ )のアサヒカメラ賞受賞。(作品『おさるのこんにちは』)それから、明治安田生命2015マイハピネスフォトコンテスト入選。

【この作品に対する想いをお聞かせください。】
この作品に関してはTwitterで以前、 #2016自分が選ぶ上半期の4枚 というタグで自分なりにベスト4を選んでいたのですが、その中の1枚だったのでそれが審査員の方にも選んでいただけたという奇跡が起こって嬉しく思っております。

【受賞された率直な気持ちを教えてください。】
撮影時期はLovegraphのカメラマンを始める少し前の作品なのですが、Lovegrapherと肩書きが付いてから”これぞLovegraph”というようなこの作品がこうして受賞して世に出ることでLovegraphが認知されるきっかけになればと思います。

【今後の展望をお聞かせください。】
私自身は子が2人いるママなのですが、過去成人式には出席せず、前撮りも知識もそこまでないのに自分たちで撮りたくて撮った当時、よくわからぬままシャッターを義妹に切ってもらった思い出があります。また息子のお宮参りなどなど。当時はLovegraphなんてものは存在していなくて、もしこのサービスが有ったら絶対お願いしていたのだろうなと思います。そのシャッターを切る係を私がさせていただけたらなと思うばかりです。

Lovegraphでの過去の撮影写真はこちら
https://lovegraph.me/photographers/qooga

日本写真映像用品工業会のフォトコンテスト Webサイト
http://www.jpvaa.jp/event/photocon2016/result.html